HOME協会のご案内 > 事業概要

事業概要

基本理念

われわれは、確かな保健・医療技術をもとに、一人ひとりの<こころ>と<からだ>の健康づくりを支援するため、質の高い健診サービスを提供します。

基本方針

  • 受診者第一主義で健康づくりを支援します。
  • 真心のこもった接遇・対応に努めます。
  • 安心と快適な健康環境を提供します。
  • 質の高い健診を提供するために、常に知識と技術を修得します。
  • 受診者の権利を尊重し、プライバシーの保護に努めます。

受診者の権利

  1. 個人として常にその人格が尊重される権利があります。
    個人の人格、価値観などが尊重され、医療従事者との相互信頼、相互協力関係のもとで医療行為を受けることができる権利があります。
  2. 良質な医療(検査)を平等に受ける権利があります。
    人権、信条、宗教、国籍、年齢、性別、出身、社会的身分、身体の障害などに関わらず、良質な医療(検査)を平等に受ける権利があります。
  3. 十分な説明を受ける権利があります。
    自分が受ける検査の意味や危険性、他の検査方法の有無などについて、理解できるまで十分な説明を受ける権利があります。
  4. 自分が受ける医療(検査)を理解し自ら決定する権利があります。
    自分の受診計画を立てる際に、自分の意見を表明し決定する権利があります。
  5. 自分が受けている医療(検査)について知る権利があります。
    自分が受けている医療(検査)について、わからないことがあれば、医療従事者に質問することができ、医療情報についても情報提供を受けたり、検査結果等の開示を求める権利があります。
  6. 個人のプライバシーが守られる権利があります。
    検査受診に関する個人情報や自分のプライバシーは厳正に保護される権利があります。

事業目的

本会は、人間ドック(総合健診)における新潟県民の健康管理を普及推進し、医療に関する社会福祉の充実に寄与することを目的とします。

業務のあらまし

近年、社会構造の変化にともない生活習慣病の予防、早期発見、早期治療が重要視されてきた。昭和51年より自動化健診システム(人間ドック)を導入して新潟県民並びに職域の事業所に対し健診をおこなっている。
健診活動により、疾病異常の早期発見と各自の健康度を認識していただき、個々の健康生活設計に活用できるよう指導している。

主たる事業

(1) 人間ドック、生活習慣病に関する総合的検査を実施し、健診の成績により、日常の保健指導(保健・栄養・運動・メンタルなど)を実施。
(2) 人間ドックなどで異常と疑われる受診者の専門医療機関へのスピーディな紹介と、その後のフォローアップを実施。
(3) 各種生活習慣病健診の実施(循環器系コース・消化器系コース・婦人科コース・各種がん検診)
(4) 労働安全衛生法に基づく健診の実施(移動健診の実施)
(5) 健常者に対してその健康保持増進のため健康測定を実施
(6) 厳密な個人情報保護のもと、健診情報をCPUにより処理・解析・保存し、必要に応じたデータ提供の実施
(7) 県下各市町村関係諸団体と連携し、健康管理・増進の啓発並び指導のため、講習会、講演会を積極的に実施
(8) 医療従事者の技術の向上のため、各種医療実習生の研修指導を実施
空き状況を確認して、健診予約をするにはこちら
先頭に戻る