HOME健康診断のご案内 > 特定健康診査

特定健康診査

 近年、糖尿病をはじめとする生活習慣病は増加の一途をたどっています。そして、ここ最近注目を浴びているのが内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)です。 これは、『糖尿病や高血圧・高脂血症などそれぞれが微々たる異常であっても、内臓脂肪が必要以上に蓄積された状態と合わさると、動脈硬化のリスクがかなり高くなるので危険ですよ。』という注意を促すために大きく取り扱われています。
また、内臓脂肪はそれぞれの生活習慣病の発症や悪化にも大きな影響を与えているので、過剰蓄積を予防改善させることが重要だと言われています。
そこで、この状態を改善するためには的確な保健指導とその対象者の選別が必要だと言うことで、取り入れられたのが特定健診・特定保健指導です。
平成20年4月より40~74歳の全国民(全ての被保険者)を対象に実施が決定しています。

特定健康診査

ご加入の健康保険より発行された特定健康診査受診券を利用してメタボリック検査を受診できます。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した検査です。
料金につきましては、健康保険により異なりますので、
ご加入の健康保険組合にお問合せください。
各契約料金

<特定健康診査検査項目>
問診・診察 既往歴、家族歴、自覚症状及び他覚症状の有無の検査
一般計測 身長、体重、肥満度(BMI)、腹囲
糖代謝 空腹時血糖、HbA1c、尿糖
脂質代謝 HDL・LDLコレステロール、中性脂肪
肝機能 AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GT[γ-GTP]
腎機能 尿蛋白
循環器系 血圧

<医師の指示により実施する項目>
赤血球数、ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、眼底、心電図
※上記の検査項目に無いものをオプション検査として追加し、より充実した健診をすることもできます。
※ご加入の健康保険により、実施する項目が異なる場合がございます。

特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査(特定健診)

メタボリックシンドロームに焦点を当て生活習慣病の予防改善を目的とした、特定保健指導が必要だとされる対象者を選別するための健診です。
健診の結果や、喫煙の有無などからその程度に応じて以下の3つのレベルに階層分けをします。
  • 情報提供レベル
  • 動機づけ支援レベル
  • 積極的支援レベル

特定保健指導

特定健診によって階層わけされた方々が自らの課題を認識し、生活習慣病の予防改善に向けた自己管理ができることを目的とする保健指導です。
3つのグループにわけ、それぞれのレベルに応じて保健師や管理栄養士などがアドバイスをし、対象者が無理なく実践できる健康づくりを一緒に考える場です。

特定保健指導の種類

情報提供

特定健康診査の結果から現在の健康状態を把握し、生活習慣を見直したり改善するための情報を提供します。より健康的な生活を送れるためのきっかけとしてもらうことを目的に実施します。

動機づけ支援

原則として初回面接後は
自主的な健康づくりの取り組みが中心です

初回面接

支援形態 面接による支援:1人20分以上の個別面接による支援または、1グループ80分以上のグループ支援(1グループ数人の少人数)

支援内容
  • メタボリックシンドロームや生活習慣病と検診結果の関係について、対象者に及ぼす影響面も含めて説明する。
  • 生活習慣改善の必要性やポイントについて説明し、栄養や運動について実践的な指導をする。
  • 対象者とともに行動目標や行動計画を作成し、評価時期について話し合う。

6ヶ月後の評価

支援形態 個別面接、グループ支援、電話、e-mail 等初回面接時に決定した内容で実施

支援内容
  • 行動計画・目標の達成状況の確認をする。
  • 生活習慣の改善や身体的な変化が現れたかの確認をする。

積極的支援

対象者の健康づくり活動に積極的にかかわり
生活習慣病の改善を目指します

初回面接

支援形態 面接による支援:1人20分以上の個別面接による支援または、1グループ80分以上のグループ支援(1グループ数人の少人数)

支援内容
  • メタボリックシンドロームや生活習慣病と検診結果の関係について、対象者に及ぼす影響面も含めて説明する。
  • 生活習慣改善の必要性やポイントについて説明し、栄養や運動について実践的な指導をする。
  • 対象者とともに行動目標や行動計画を作成し、評価時期について話し合う。
  • 継続的支援の形態や時期について話し合う。

中間評価

支援形態 個別面接、グループ支援、電話、e-mail 等初回面接時に決定した内容で実施

支援内容
  • その時点での生活習慣を振り返り、行動計画の実施状況の確認をする。
  • 実践結果の評価をし、行動計画や目標設定などについて(必要ならば)修正を加える。
  • 継続的支援の形態や時期について話し合う。
  • 実践活動や各種セミナーなどの実施に際しては、適宜案内し参加を勧める。

6ヶ月後の評価

支援形態 個別面接、グループ支援、電話、e-mail 等初回面接時に決定した内容で実施

支援内容
  • 行動計画・目標の達成状況の確認をする。
  • 生活習慣の改善や身体的な変化が現れたかの確認をする。

実施についての注意事項

食事について(血液検査や尿検査に影響します)

飲酒(血液検査や尿検査に影響します)

着衣について

その他

空き状況を確認して、健診予約をするにはこちら
先頭に戻る