HOME健康診断のご案内 > 料金案内

料金案内

定期健康診断(労働安全衛生法に基づく)

平成22年度より、労働安全衛生法規則第44条が改正されました。胸部X線検査は、40歳未満(20歳、25歳、30歳、及び35歳を除く)で医師が認めるときのみ、省略できます。
Aコース(基本項目) ①既往歴及び業務歴の調査
②自覚症状及び他覚症状の有無の検査
③身長・体重・BMIの測定
④視力・聴力の検査
⑤胸部X線検査
⑥血圧測定
⑦尿検査(糖・蛋白)
⑧腹囲の測定
⑨貧血検査(赤血球数・Hb)
⑩肝機能検査(AST[GOT]・ALT[GPT]・γ-GT[γ-GTP])
⑪血中脂質検査(HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪)
⑫糖代謝検査(血糖・HbA1c)
⑬心電図検査(安静時)
8,208円
Bコース Aコース①~⑦の検査項目を実施
※35歳未満及び36~39歳の方で医師がAコース⑧~⑬を
省略してもよいと認めた方が対象
3,456円
血液検査
追加オプション
定期健康診断Aコースの血液検査⑨~⑫です。
Bコースを受診する方にお勧めです。
3,780円
雇入れ時健診 上記Aコースと同内容 8,208円
検査結果至急対応 定期健康診断の検査結果作成を至急(3営業日内)で希望される
場合の追加料金です。(定期健診のみ可能)
324円

協会けんぽ(全国健康保険協会)

※当協会に受診日をご予約いただいた後、協会けんぽへ申込が必要です。
一般健診 協会けんぽの定めた健診項目の助成制度35歳~74歳の被保険者が対象となります。
7,038円
胸部・胃部とも
直接撮影
一般+付加健診 年度年齢40・50歳の方 11,752円
協会けんぽ総合健診 上記健診に検査項目を追加して、当協会の1日人間ドック(総合健診)と同様の検査が受けられます。 22,536円
40・50歳の方
17,822円
乳がん検診
(乳房視触診・マンモグラフィ)
一般健診を受診する40歳~74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望される方。 40~48歳の方
1,655円
50~74歳の方
1,066円
子宮がん検診 ①20歳~38歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方。(単独健診)
②一般健診を受診する36歳~74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望される方。
875円
肝炎ウイルス検査
(HCV抗体検査・HBs抗原検査)
①上記の一般健診を受診する方
②一般健診においてALT(GPT)値が36以上の方。(※但し、過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除く)
612円
※協会けんぽの年齢条件は平成28年4月1日現在での年齢となります。
※表示の金額は協会けんぽの助成金額を除いた金額です。

生活習慣病健診(一日人間ドックを簡素化した健診です)

ミニドック 定期健康診断Aコースの項目に下記を追加
血液検査【ALP・LD(LDH)・HBs抗原・クレアチニン・eGFR
尿酸・血清アミラーゼ・RF・白血球数・Ht】、眼底検査、尿検査【潜血・ウロビリノーゲン】、胃部X線検査(間接)、便潜血検査
18,360円

特殊健康診断

じん肺 粉じん作業従事者
(じん肺管理区分等により異なります)
3,672円
~19,872円
石綿健診(一次) 石綿等を製造、もしくは取扱う業務に常時従事する方 3,672円
有機溶剤 有機溶剤業務従事者 ①基本項目 ①の場合は2,160円
②指定溶剤の検査
(指定項目によります)
②の場合は実費
鉛業務従事者 基本項目 7,236円
特定化学物質 特定化学物質を
取扱う方 など
①基本項目 ①の場合は2,160円
②指定溶剤の検査
(指定項目によります)
②の場合は実費
VDT VDT作業従事者
(作業区分等により異なります)
2,700円
~4,104円
電離放射線 放射線業務従事者
(雇入れ時・配置替時と定期で異なります)
2,160円
~3,564円

特定健康診査

ご加入の健康保険より発行された特定健康診査受診券を利用してメタボリック検査を受診できます。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した検査です。
料金につきましては、健康保険により異なりますので、
ご加入の健康保険組合にお問合せください。
各契約料金
<特定健康診査検査項目>
問診・診察 既往歴、家族歴、自覚症状及び他覚症状の有無の検査
一般計測 身長、体重、肥満度(BMI)、腹囲
糖代謝 空腹時血糖、HbA1c、尿糖
脂質代謝 HDL・LDLコレステロール、中性脂肪
肝機能 AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GT[γ-GTP]
腎機能 尿蛋白
循環器系 血圧

<医師の指示により実施する項目>
赤血球数、ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、眼底、心電図
※上記の検査項目に無いものをオプション検査として追加し、より充実した健診をすることもできます。
※ご加入の健康保険により、実施する項目が異なる場合がございます。

オプション項目

検査項目 検査内容 当日追加 料金
☆胃部Ⅹ線検査 バリウム検査
空腹時で人数制限に空きがある場合に限ります。
当日追加 (間接撮影)4,644円
(直接撮影)12,960円
内視鏡検査(胃カメラ) 【完全予約制】※契約により料金が異なります
実施日:月・火・水・木・金・土曜日(1日6名限定)
当日追加× 5,400円
※胃部Ⅹ線からの
切替料金
喀痰検査 3日法 当日追加 3,240円
☆胸部ヘリカルCT Multi Detector-row CT(多列検出器CT)を使って胸部を撮影する検査です。
通常の胸部レントゲン写真では写らない病変を映し出すことが出来ます。
また、撮影と同時に3D画像の作成も可能です
当日追加 8,640円
              H28年度特別料金
腹部超音波検査 肝・胆・膵・腎・脾臓の腹部エコー検査
※空腹時が条件です。
当日追加 5,940円
頚動脈超音波検査 【完全予約制】頚動脈の動脈硬化の程度を評価
※単独受診の場合採血もいたしますので、
別途3,675円いただきます。
当日追加× 3,240円
便潜血検査 2回法 当日追加 1,620円
骨密度検査 骨密度を測定し、骨粗しょう症の有無を調べる 当日追加 3,024円
C型肝炎検査 C型肝炎ウイルスの検査 当日追加 2,160円
☆内臓脂肪測定検査
(CT検査)
メタボリックシンドロームに関わる内臓脂肪の測定 当日追加 3,780円
☆脳ドック 【完全予約制】MRA・MRIの検査(当日結果指導)
検査先:提携病院(送迎有)
当日追加× 51,300円
胃がんリスク検診 胃粘膜萎縮(老化)マーカーのペプシノゲンの検査と、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因と考えられているヘリコバクターピロリの抗体価検査を組み合わせた血液検査です。
※ピロリ菌の除菌を現在行っている方、又は既に除菌を行った方は検診の対象外になります。
当日追加 2,592円
甲状腺ホルモン検査
(TSH・FT4)
前頚部にある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、全身の細胞に作用し、人のエネルギー代謝を調整する重要な働きを持っています。その甲状腺ホルモンと、脳から分泌される甲状腺刺激ホルモンを調べ、ホルモン分泌に異常がないかどうかを調べる血液検査です。 当日追加 4,320円
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング検査(AICS)
※受診には空腹時が条件です
健康な方の血液中のアミノ酸濃度は一定に保たれるようにコントロールされていますが、がん患者では、アミノ酸濃度のバランスが変化します。そのバランスの違いを解析し、がんに対するリスクを評価する検査です。 ※あくまでも、がんのリスクを知るための参考値とご理解ください。詳細についてはお問い合わせください。 当日追加 男性[5種]
女性[6種]
22,680円
☆印の検査はペースメーカー及びICD(植え込み型除細動器)をご使用のお客様はお受けできません。

腫瘍マーカー検査(血液検査)

腫瘍マーカー 異常値を示す主な疾患 当日追加 料金
PSA 前立腺がんで高率に上昇します。また、前立腺肥大症でも高くなることがあります。 当日追加 2,160円
CEA 大腸がん、膵臓がん、肺がんなどいろんな臓器のがんで上昇しますが、タバコを吸う方や高齢者でも高くなることがあります。 当日追加 2,160円
AFP 主に肝臓がんの時に上昇します。 当日追加 2,160円
CA19-9 主に膵臓がん、胆道がんなどの消化器系のがんで上昇します。 当日追加 2,916円
CA125 卵巣がん、乳がんなどの婦人科系のがんで上昇します。尚、月経時・妊娠時にも高くなることがあります。 当日追加 2,916円
CYFRA21-1 主に肺がんで上昇します。加齢と共に高くなる傾向があります。 当日追加 3,240円
追加の欄に○の項目は当日でも追加できます。
※「腫瘍マーカー」は、体の中に「がん」があるかどうかをみるためのものですが、残念ながら、この結果だけでは判断できません。「がん」があっても全ての例が高値になる訳ではなく、逆にこれらが異常値であっても「がん」があるとは限りません。異常値が出た場合は、念のため医療機関での精密検査をお勧めいたします。

女性のための検診

【完全予約制】事前に予約が必要です。
オプション項目 検査内容 料金
マンモグラフィ検査
(2方向撮影)
乳房のⅩ線検査です。自己触診との併用により初期の乳がんの発見に有効です。(女性技師が撮影) 4,104円
乳房視触診検査 医師による視診・触診による検査です。 1,620円
子宮頸がん検査
(細胞診・内診)
子宮頸部の細胞を採取し、がん細胞の有無を検査するものです。子宮頸がんの発見に有効です。 3,780円
HPV検査
※子宮頸がん検診と併せての受診となります。HPV検査単独の受診はできません。
主宮頸部の細胞を採取し、HPV(ヒト・パピローマ・ウィルス)感染の有無を検査するものです。HPVは子宮頸がんに大きく関連しているとされています。
※新潟市のがん検診で子宮がん検診を受診の場合、制度の関係により同時受診はできません。
4,860円
空き状況を確認して、健診予約をするにはこちら
先頭に戻る